MENU

ボケ防止 サプリ

ボケとは脳の老化が原因で起こり物忘れが多くなってきます。歳とともに脳への刺激が少なくなり判断力や記憶力がぐっと鈍くなります。歳とともに脳への刺激が少なくなり、判断力や記憶力などが衰えてきますが、昨日のメニューが思い出せない、人の名前が出てこない、どこに置いたか忘れるなどといった症状は誰もがなりうる脳の老化現象なので特に心配することはありません。

 

しかし認知症となると話は別です。認知症は病的な記憶障害で自分の行った行動すべてが記憶からなくなることを言います。ボケは気晴らしすることで症状を緩和することが可能ですが、認知症は治療するのが難しいとされています。どちらにしても高齢化社会が進んでる今、自分の身近にある病気でありますし、いつ自分がなってもおかしくない状況であることを忘れないでください。今現在効果的な治療方法はないですが、日々の生活の中で未然に防ぐための方法がいくつかあります。

 

・いろんなことに興味を持ち実践してみる(脳が活性化する)
・毎日あったことを日記として書いてみる(記憶を残すトレーニングに)
・散歩や運動をしてみる(血行・代謝がよくなり脳の活性化に)
・指先を動かす(脳に刺激を与える)
・ゲームをする(脳トレやパズルは判断力や記憶力を鍛える)

 

など生活スタイルを少し意識して変えてみるだけで、ストレスも減り明るく元気な毎日が送れるようになります。さらに脳の活性化に有効とされる成分としてDHA・EPA、イソフラボン、レシチン、プラズマローゲンなどがありますが、毎日の食事で必要量摂ることはなかなか難しいです。そんな時は手軽にそして無駄なく摂取できるサプリメントを活用することがおすすめです。即効性はないですが、ボケ予防として気長に役立てていただきたいですね。

 

 

きなりの特徴

最近物忘れが多くなった…人の名前が思い出せない…同じことを何回も聞いてしまう…なんてことは歳だから仕方ないと思って諦めていませんか?これらは脳を活性化することで症状が緩和さるはずなのですが、脳に良い成分が足りていないのです。青魚に多く含まれているDHA・EPAとそれらをサポートするクリルオイル、酸化を防ぐアスタキサンチン、サラサラ成分ナットウキナーゼなどが贅沢に配合されており、日頃の食生活で足りていない成分をしっかり補うことができます。老後を元気に生き生きと過ごすためにも、症状が出る前からしっかり摂取する事で今までとは違う明るく元気な毎日が送れるようになりますよ。

価格 1,980円
評価 評価5
備考 DHA・EPA、クリルオイル、アスタキサンチン、ナットウキナーゼ

 

 

プラズマローゲンの特徴

聞きなれないプラズマローゲン。体内にあるリン脂質の一種で、老廃物を排出し認知の症状を緩和すると研究発表されている脳に優れた成分です。ストレスや紫外線などからの活性酸素で減少しやすいと言われています。元々減りやすく、壊れやすく、食事から摂り入れることができないので、サプリから摂り入れることが一番有効とされます。ホタテ貝から抽出したプラズマローゲンはDHA・EPAも含んでいるのでより多く作り出すことができます。1粒に500r、1日分(2粒)で1000rとかなりの量のプラズマローゲンを摂ることができます。薬ではないので即効性はないですが毎日しっかり飲み続けることで、以前より気分が明るくなってたりすぐ思い出せるようになったりなど心身の変化に気づくことでしょう。

価格 12,150円
評価 評価5
備考 ホタテ貝抽出のプラズマローゲン

 

 

健康家族 イチョウリーフの特徴

あまりなじみのないイチョウ葉エキスのイチョウリーフ。ヨーロッパでは古くから医薬品として扱われている注目の成分です。食事で摂取するのが難しい成分ですが、うっかりをなくしスッキリした日々を送るために摂っておきたい成分です。他にサラサラ成分DHA、抗酸化作用のビタミンE、巡りを良くするアマニ油、シソ油など身体の巡りを良くする成分がたっぷりバランスよく配合されています。毎日しっかり飲み続けることで血流が良くなり脳が活性化され、物忘れが減る効果があるとされています。他にもすっきり感や頭のひらめきや回転もよくなるので気持ちが明るくなります。

価格 1,512円
評価 評価3
備考 イチョウ葉エキス

 

ボケが始まる原因は?

 

誰でも歳をとれば脳の働きが低下します。
歳とともに物忘れをするようになりますね。
これを『ボケ』と言いますが、ボケが始まる原因は脳の老化です。

 

ある程度の年齢になると肌や髪のつやにも老化の症状が出始め、その老化の現象には個人
差があります。
個人差はありますが誰もが経験する老化の現象です。

 

脳の細胞は年齢を重ねるごとに減少し、ワーキングメモリーが減ってしまいます。
なんと20歳を境に脳細胞は減少していき、それに伴って記憶力も低下していきます。
20歳から脳細胞が減少するわけですから、仕事を退職して刺激が少なくなる60代は記
憶力に加えて、判断力や適応力なども鈍くなっていくために物忘れが起こりやすくなって
しまうのです。
歳にせいによるボケは健忘症と呼ばれる良性の『物忘れ』がほとんどで、自然な
老化現象なので心配はいらないものです。

 

ストレスもボケが始まる原因です。
必要以上にストレスを感じ続けた人は物忘れが起きやすいと言われています。
現代社会では誰もがストレスを抱えている状態にあります。
ストレスを上手に発散できる人とどんどんためてしまう人がいますが、きちんと自分なりの
ストレス解消法を見つけて欲しいと思います。

 

仕事が忙しく疲れがたまっていると感じた時は、思い切ってゆっくり休んでみることです。
ストレスたたまった状態ではいい仕事はできませんし、イライラすることが多くなり職場
の雰囲気も悪くなります。
忙しい時こそ、趣味や休息で上手にストレスを発散して下さい。

 

ストレスはボケの原因になるだけでなく色々な病気の原因になります。
発散方法が良くわからない人はまず、自分が良く笑えるや感動できる環境を作って下さい。
テレビやDVDを見て笑うことでもストレスは発散できます。
感動する映画を見て泣くことでも発散できます。
とにかく毎日の生活と違ったことをして、泣いたり笑ったりできればそれで十分なのです。

 

脳の老化を予防する方法も色々あるようですが、まずは自分なりのストレス解消を見つけ
物忘れが起きないように気を付けたいですね。

 

これはボケ…?ボケの症状は?

 

最近物忘れが多いと思うことはありませんか?
ついうっかり忘れてしまったということが何度も続いたらボケの症状が始まっ
ているのかもしれません。

 

物忘れには認知症が原因のものと健康的な物忘れの2種類があります。
健康的な物忘れを『ボケ』と言いますが病気ではなく、誰でも年齢関係なく起
こります。
病的原因がないボケの症状は、
・昨晩食べたメニューが思い出せない
・片づけた物をどこにしまったかかわからなくなる
・約束を忘れた
・言いたい言葉が出てこない
・人の名前が思い出せない
などです。
しかし、忘れてしまったことを覚えているなら大丈夫です。
ボケの症状ではありますが病気ではありません。

 

ボケの有効な予防はなんといっても正しい食生活と適度な運動です。内臓や血液
を健康に保つことは脳へのダメージを抑えることができます。
また、脳に刺激がない生活を送るのではなく、日々頭を使い脳を刺激することも
大切です。
資格取得に向け勉強することなどはおすすめです。

 

ストレスや食生活の乱れ、睡眠不足などで集中力が低下します。
集中力が低下することで物忘れが多くなります。
また、乱れた食生活は色々な病気の原因になります。
若いから大丈夫と暴飲暴食や野菜を食べないような食生活は改善する努力をしま
しょう。

 

ボケの症状を起こしやすい人には特徴があります。
仕事一筋で一日中、仕事のことしか考えていないような人はなりやすいです。
仕事だけでなく、一つのことだけを考えて毎日生活をしているような人は、もっ
と色々なことに興味を持ちきちんと脳を刺激するようにして下さい。
趣味がたくさんある人や色々なことに興味を示す人の脳はいつも脳が刺激されて
いるのでボケないのです。

 

計算機を使わないで自分で計算するなども脳を刺激してくれますし、毎日色々な
人と会話をすることでも脳は刺激されます。

 

もしかして?ボケの症状?と思ったら脳を使う努力と食生活改善の努力、上手に
ストレス発散をして下さいね。

 

ボケと認知症の違いは?

 

ボケと認知症は同じと思っている人も多いかと思いますが、実は全然違うもの
です。
ボケは加齢に伴う脳の老化ですが認知症は病的な記憶障害です。
症状の違いで説明ると、ご飯のメニューを忘れるのがボケですが、認知症はご
飯を食べたことを忘れてしまします。

 

どこまでが物忘れでどこからが認知症なのか判断が難しいと思う時は、まずは
ご飯を食べたことを覚えているのか。
そこが一番わかりやすい判断の境目だと思います。
認知症は自分の行動の詳細を忘れるのではなく、その行動すべてが記憶から抜
けてしまうのです。

 

その他にも料理が大好きだったのに味つけがおかしくなったり、手際よく時間
をかけずにできていた料理が時間ばかりかかるようになるなども認知症の可能
性があります。

 

怒りっぽくなる、急に性格が変わる、話すことが好きだったのに無口になる。
そして朝と夜の感覚もおかしくなる場合もあり、以前は普通にできていたこと
ができなくなることが多くあります。

 

ボケは物忘れと思って大丈夫ですし、趣味を楽しんだり運動をすることで症状
をよくすることも可能です。
認知症は患者全体の1割は治療可能な認知症ですが残りの認知症は治療が難し
い病気です。
認知症かもと思う症状が見られた時は医師にきちんと相談して下さい。

 

認知症にも色々な種類があり、脳梗塞や脳出血などが原因の認知症もあります。
認知症だとばかり思っていたら実は鬱病だったというケースもあります。
家族が認知症になったときは途方に暮れる人もいますが、専門医に相談したり
認知症専門の電話相談窓口もありますので一人で抱え込まずに相談してみて下
さい。

 

ボケ防止したい!始めたい習慣は

 

脳の老化の速度はストレスや生活習慣で大きく変化します。
老化の速度を遅くするためにも、脳を鍛え活性化させる必要があります。
その方法として、日常の生活に取り入れてもらいたいことを簡単に紹介します。

 

1.何事にも興味や関心を持つこと
  これは簡単そうに思いますがなかなか難しいです。
  今まで興味がなかったことに対して急に興味は持てないですね。
  しかし、関心を持って興味を感じることは脳を活性化させる上で最も重要な行動です。
  ネット検索などで色々な情報を比較検討することも脳の活性化に効果的な手段ですので、
  ネットに関心を持ち作業することで脳の活性化に役立てるのもいいと思います。

 

2.料理を作る
  メニューや段取りを考えることで脳を刺激します。
  料理は段取りが悪いと時間ばかりかかってしまいますので、できるだけ短時間で作れる
  ように段取りを考え実行することは脳の刺激になりますね。

 

3.日記を書く
  日記を書くことはその日の出来事を振り返り思い出すことになります。
  これが物事を思い出すトレーニングになり毎日続けることで脳の活性化になります。
  字を書くことは脳にとてもいい刺激を与えますので指や手を動かすことを意識しましょ
  う。お手玉やパズルもいいですね。

 

4.散歩をする
  散歩は景色を楽しんだり、散歩で何度か顔を合わせるうちにコミュニケーションが取れ
  るようになりと大脳の活性化になります。
  そして、歩くことで血行がよくなり脳の機能向上に効果的です。

 

難しいことは何もありませんが続けることが大事です。
脳の老化の速度を速めないように自分に合う予防法を見つけ続ける努力をして下さいね。

 

ボケ防止に良いサプリ成分は?

 

最近は医学の進歩のおかげで昔に比べ長生きできるようになりました。
高齢化社会が進んでいる日本ですが、ボケは病気の中でもとても厄介な病気で
す。
有効な治療方法がないので、一緒に暮らす家族は大変な思いをします。
しかし、今はボケ防止にいいとされているサプリがいくつか出ています。
DHA、レシチン、プラズマローゲンなどのサプリの成分が注目されています。

 

ボケに効果があるサプリのDHAは脳細胞の突起を伸ばすのを促進するのでDHAを
摂取することは有効です。
脳細胞の突起を伸ばすことは頭を良くする効果と同じですので、脳に刺激を与
ていることになります。
脳を刺激することがボケ防止にもつながりますので、脳がいつまでも若くいら
れる優秀なサプリです。

 

レシチンもボケ防止に効果があるサプリと言われています。
レシチンは脳の栄養素とも称されており、脳に対する情報伝達にも密接な繋が
りがあります。
記憶力を高めたり認知症を未然に防ぐととに役だつと評価され、ボケ防止にも
レシチンは強い味方になります。
卵黄やレバー、大豆製品に多く含まれるレシチンですが、毎日の食事で取り入
れるのが難しいと思う人はサプリで補って下さい。

 

脳の老化に力をを発揮してくれる『プラズマローゲン』のサプリは特におすす
めです。
歳を取ると誰もが若い頃のような頭の回転に戻りたいと思うものですね。
しかし、そうは思っても脳は老化が進むばかりです。
プラズマローゲンは脳で活躍しており自らを犠牲にして脳細胞の酸化を防いでい
る他、老廃物を排出してくれます。
原料は鳥の胸肉で高純度のプラズマローゲンを抽出した成分を配合しています。
プラズマローゲンを長期的に補うことは脳機能の働きをサポートするだけでなく
新しい回路を作り出すきっかけにもなるのです。

 

これらのサプリはボケ防止に効果的なサプリです。
薬ではないので即効性はありませんが、長い目でこれらのサプリを上手に取り入
れボケの防止に役立てていきたいですね。

更新履歴